10代の頃にひとり暮らししてた。(私は女です)

ある日夜9時はすぎていたと思うが、玄関のチャイムが鳴ったので訪問販売にしては遅くにくるなあと、ドアを開けずに返事をした。
のぞき窓からみると若い男性でした。

私「どちら様ですか?」
男「…覗いてたでしょ」
私「はい??」
男「こないだ銭湯覗いてたでしょ。そんなにみたいならちゃんとみせてあげようと思って」
私「えーっと、覗いてないです。いらないです」

そのまま無視して部屋に戻った。そのまま帰ったようだ。
もちろん銭湯なんて覗いてないし、銭湯だって行ったことなかった。
結局その後も何も起こらずに済んだのだが、2ヶ月ほど経ったある日…

夜11頃自転車でアパートに帰ってきた。
住んでたアパートは2階建て、自転車は1階のろうかの狭いスペースにとめてた。
電灯もないところだったので暗いなか、自転車をとめていると…

ろうかの奥、階段前に男の人がたっていた。
男は階段を登っていったので、住民の人かな?と、思いつつ暗がりで突然人、に会ったこともあり、少しびびってたんで男が部屋に入るのを(ドアの音などで)確かめてから2階の一番奥の自分の部屋に帰ろうと思っていた。

しかし、ドアの音がしない。
『あれ?住民でない??』
でもバイト帰りで疲れてたし、部屋に戻りたい。
怪しいなーとだいぶびびりながら階段を登っていった。
階段はコの字にまがった形をしていて、踊り場で階段の先がみえない。
踊り場について角を曲がると、階段の頂上に男が立っていた。

うひゃー、いるよ!
暗闇で目が慣れたせいか、とく顔みてみたら、2ヶ月前の銭湯男。
でも、知らんぷりしてたら大丈夫だと、何故か思い込み、男の横を通り過ぎようとしたら

「こんばんわ」

挨拶された。
私も

「こんばんわ」

そのまま、平静を装い自分の部屋まで行った。

鍵を開けようとしたが、やぱり緊張していて、
3回くらい、鍵いれ損ねた。
やっとの開けて中に入って慌てて鍵を閉めた。
5分くらいして、ずっといたらやだな、と思い武器のビニール傘を手に
意を決してドアを開けたらもういなくなってた。

後日、鍵付きの郵便受けに合鍵をいれていたのだけど
なくなっていたので慌てて鍵を変えました。
それ以来は何もなし。
鍵変えなかったらマズイことなってたんだろか…