私が体験したというよりは、
母親が体験したこと。

そのとき母は妊娠四ヶ月目に切迫流産を起こし、母体ともかく子供が危険な状態で、一ヶ月入院したらしい。
その前に一人流産してる母は、この子もそうなるのではと怖がっていた。 

そしたら、どこのお見舞いか分からない男の子が

「大丈夫だよ」

って言ってくれたんだって。

「その子は強いから大丈夫だよ」

って。
無事に生まれてきた私は、多少小さいとはいえ元気に育った。
口も聞けるようになった頃、私は母にこう言ったらしい。

「にーにぃがね、よしよししてくれたから、くらいくらーいこわくなかったー」

母は直感的に、あの少年こそ前に流産した子じゃないかと思ったらしい。
ぼろぼろ泣いて私を抱いていると、私がこう言ったそうだ。

「だから、おとこのこもくらいくらーいへいきよ? おねーちゃんがいるもん」

男の子?

「どこに?」

と聞くと、

「おなかから、どくんどくんがもういっこきこえるの。おとこのこだよ」

妊娠の症状も無いまま病院に行くと、二ヶ月目だと告げられたらしい。
弟はアトピーやら喘息やらで小さい頃は大変だったけど。

今じゃ立派な大人になりました。