今でも鮮明に覚えている話なんだが 

当時(4年前)スタンドでバイトしてたんだが、その日は結構いそがしくて 
大変だなぁと思ってたんだ。 
忙しい時間帯に車がもう一台入って来て(車種はウィンダム 
今日は本当に忙しいなと・・・ 

「いらっしゃいませ~っ」と車のドア開けて「レギュラーですかハイオクですか」と聞いた。 
車内をちらっと見て、運転手がチョイ怖い顔のおじさん、で助手席におばさん 
後部座席にはお母さんらしき人と子供が二人いた。 
ああ前に居たのは、じいちゃん、ばあちゃんかと、その時思った。 

いざ給油をしようと思うと、給油口が開いてないので、開けてくれって言った。 
ガチャッ・・・開いたのはトランク。これ自体はよくある事なので、給油口を開けてくれともう一度言った。 
その後トランクを閉めようとしたら・・・ガツッ・・・あれ?閉まんねぇ。 

「あっ布団が出てる」一旦トランク開けて布団を入れてから閉めよう。 
そしてトランクを開けると・・・・・
そこには体中が傷だらけで血まみれの男が入ってた、しかも布団だと思ってたのが「指」 

見てはイケナイ物を見てしまった。(直感で消されるとさえ思った) 
もう怖くて怖くて、本気でブルった。 
スゴク怖かったんで、ガソリン入れて速攻帰した・・・ 
帰り際におばあちゃんに睨まれた・・・ 
その時のおばあちゃんの目がスゴク怖かったのを覚えてる。 

その後、数日間はその事が頭から離れなかった、殺されると本気で思っていた。 

まぁ結局、何もなかったんで安心した。 
翌々考えると、車内に父親らしき人がいなかったので、あれは父親だったのかなぁって思う 

何故あの人は血だらけで、帰り際におばあちゃんに睨まれたのかは今も解らない。