昨日の夜の話です。ちょっと怖かったので書かせて下さい。

私は1階の居間にあるソファで寝ていました。
居間は庭に面していて、ソファのすぐ後ろに庭へと出る大きな窓があります。

ふと庭で音がして目を覚ましました。
ジャリジャリと砂利石を踏む足音がしているのです。

「うおおお誰だよ怖えええ」

と思って息を殺していると、足音は窓のすぐ近くへ来てまた遠のいていき、また近付いてくる。
どうやら居間の窓近くから隣家との境を、誰かがゆっくりと繰り返し往復しているらしいのです。
一応窓の鍵は閉まっているし入ってくる気配はないので、変質者とのご対面は恐ろしいと思い、私はひたすら息を殺していました。

そのまま寝落ちするまで1時間以上、ジャリジャリという足音はずっと庭を往復をしていました。

1度起きて一応庭を確認したところ当然ながら誰もいませんでした。


ただ一つ気付いたんですが、うちの庭は全面芝生になっていて、歩いてもジャリジャリなんて音しないはずなんですよね。

結局何の足音だったのか分かりませんが、人間にせよ幽霊にせよ怖かったです…