205 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/09/01(金) 16:01:13 ID:eCZ8AM1V0
俺はヘッドホンで音楽を聴くのが好きだ。あまりヘッドホンで聴き過ぎると耳が悪くなるなんてことも言われるが
別に音楽関係の仕事をしてるわけでもないし、そもそも、それが本当か嘘かは定かではない。

 私は夜寝ながら音楽を聴くのが習慣になっていた。ヘッドホンをしたまま朝を迎えることも少なくない。
 うっすら記憶はあるのだが昨日は珍しく寝付きが悪かった、いつもならベッドにダイブし10分もあればアッチへ逝けた。
 なかなか眠れない時ってなんかドキドキするのね。何でだかわからないけど心臓が叩いてくるが感じれる。
 音楽でも聴くか!今日は気分を変えてロックにしよっと。
って、眠れるか!!まぁいっか朝まで起きるのも
 オーディオにランダムをかけ好きな歌手の歌をいつもと違う気分で聴く。でも気に入らない歌は早送り。
これでは意味がない。。
 しばらく聴いていると寝つきの良い私はすでにアッチに逝きかけていた。気づけば何曲か過ぎていたり、、あぁ、もうメンドクサイ
 このまま寝よう。曲をかけたまま寝てるとたまにその歌手の夢を見ることがある。夢じゃなければいいのにね・・・・・。
 ランダムで曲が選ばれる。__________ん?
 長い静寂。止まった??曲は1分55、56と確かに演奏が続けられている。こんな曲あったっけな?
 しばらくすると微かに音が聞こえてきた。広い草原を想像させるような心地よい風の音。誰か歩いてくる。
 「こんばんは」女の子の声。かわいらしい女の子だなぁ。声で姿を確認できたように感じた
 

206 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/09/01(金) 16:01:47 ID:eCZ8AM1V0
 「こんばんは?お姉さん」 その声は私に問いかけているのか。私も挨拶を心の中で返してみた。
 「こんばんは、君いくつかな?」 答えが返ってくる 「17歳です。友達が出来てよかった。」
 「じゃあ私5歳年上だ!君の名前教えてくれない?あ、私久美子よろしく」
 「温海、温かい海ってかいてあつみ。久美子お姉ちゃんって呼んでいい?」
 「OK。アッちゃんはさ、ここで何してるの?」
 「あぁああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
 耳の奥にまで響いてくる、嫌。嫌だ。嫌だ。断末魔のような悲鳴に恐怖を感じ私は現実に戻された。
 ヘッドホンをと・・・・。取れない    悲鳴が私を壊していく。
 
 私はヘッドホンが好き。何が面白いのか笑いがこぼれてくる。周りの人は私が変になったとか。
暗い人だったからついに精神がとか。
 私は気にしない。だってアッちゃんが居てくれるもん。あああああああああああああああああああああああああああああ


俺はヘッドホンで音楽を聴くのが好きだったが、自分で考え書いた話によって寝るとき聴けなくなったのはいうまでもない。