489 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/13(日) 23:25:40 ID:49o9K2uy0
友達のお父さんから聞いた怖い話。

昔、ホタルを見に行った。そこはほとんど人が居ないところで、
ホタルだけが舞っている。目の前には川が流れてて暗闇で川のザーザー流れる音が怖かった。
川の上には木でできた壊れかけの橋があって、その橋には危険という看板が立ってる。
当然誰も通れないんだけど、突然向こう側から「おーい」「おーい」という低めの声が
聞こえてきたんだ。しかも何回も。誰かが自分たちを呼んでるのかと思い、
懐中電灯で照らしてみても人の姿は全くなし。声だけするから
こちらからも「何ですかー?」「誰ですかー?」など叫んでみた。
そしたら、「おーい」という声はそれから一切しなくなった。
帰りがけに、気になったのでなにげなくもう一度懐中電灯を
橋の向こう側に向けると人影があった。「なんだ、やっぱり誰かが
居たんだ。」と一旦安心したのだが、よく見るとその人の服装が変。
軍服を着ているんだ。その人は足音立てずだんだん近づいてくる。
皆これはまずいだろうと言って急いで車に乗って帰った。
あれはいったいなんだったのだろう・・・・