842 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/08(火) 04:58:47 ID:kSRmj0HFO
いつかこのスレに投下しようと思っていた話。

私の友達なんだけど、6年くらい前にバイクの事故で亡くなったんだ。
みんなが止めるのもスルーして、大丈夫と、山中越えを走りに行った
でも走ってる最中トラックと正面衝突してしまって
もちろん、カーブが多いとはいえ、結構なスピード出してた友達(M君)は即死。バイクはベコベコ、顔面もベコベコ

とりあえずあっと言う間に通夜も葬式も終わって、一週間くらいたった頃。
お昼過ぎくらいにピンポンが鳴ったんだよね。
だいたい居留守使うんだけど、とりあえず誰か見ようとオモて、ドアスコープから覗いたら、男が一人立ってんだよね

しかも何故が横向きにうつむきながら立ってた
誰だよ、セールスかよ
なんてオモてたら、よくよく見ると立ってる男の服に見覚えが

あら?って
この服Mのじゃないの?って思ったの
時代錯誤丸だしの凶悪な顔した犬のデロンデロンのシャツだった

まさかね、と思ったんだけどさ。
その男ゆーっくり立ち位置を変えるんだよ。そうして顔が、ドアスコープ越しに見えてくる。
顔がゆっくり上に上がる度、私の心拍数もだんだん早くなっていく
確かに見覚えがある出で立ちだし、雰囲気もそう

843 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/08(火) 05:01:31 ID:kSRmj0HFO
でも信じたくなかったんだよね
だって、死んでるんだもの
ある訳ないと思った
きっと似た人だって。

でも完璧に顔が上がった瞬間、ほんとに金縛りみたいになって、動けなかった
かなり焦って、汗とかすごい出始めて、どうしようって思いました。

そしたらばインターホン鳴り始めて、その途端体から力抜けて、動けるようになった

で、問題はでるべきか、でないべきか

金縛りもどきがとけた途端、考えがくるくる回り出した。ほぼパニックで5分近く悩んでたと思う。
その間も一定のリズムでピンポン連打されてて、あまりにもしつこいので出てしまおう!と
きっと別れのあいさつだって言い聞かせて。怖かったけど、ドア開けたんだ。