671 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/07(月) 02:13:56 ID:o0FnPa570
院生の頃、ネズミの関節を標本用に取り出すのに
クロロフォルムだったけ?麻酔に使う薬を大量に使用してネズミを殺して
皮を背中から剥いで、関節の上下で骨を切り残りの死体をビニール袋につめるという作業を延々行っていた
するとどこからとも無く変な声がする。
一体なんだろうと探してみると、ビニール袋に入っていたはずのネズミの赤裸の死体が
麻酔薬の量が足りずに死にきれずにキーキーいいながら
切断されてぶらぶらになった脚を使ってそこら中這い回っていた