446 名前: 本当にあった怖い名無し 2006/08/04(金) 15:23:07 ID:gqN3rhHUO
>>439

俺の近所の話もそんな感じ。友達の兄貴連中が肝試し当事者。

夜中に窓ガラスを割って進入。戦利品としてハサミを持ち帰った。

次の日、友達の兄貴は原因不明の高熱。
高熱を出してから三日目の夜に友達の兄貴の家に電話がかかってきて友達がでた

女:「**病院ですけど、***さん(兄貴のこと)おられますか?」
友達:「お兄ちゃんは、今は熱がでて寝てます」
女:「では、お父さんかお母さんいますか?」
友達「はい。今代わります」
母親:「はい。ただ今代わりました」
女:「**町の**病院ですけど、お宅の息子さんが先日無断でハサミを持っていかれまして、返してもらいたいんですよ」
母親:「...はい?」
女:「はい?じゃないんだよ。息子さんの机の右の一番上の引き出しに、白い布に包まれたハサミがあるから、それを病院まで届けて下さいね!!それと連れの方には窓ガラス代を弁償してもらいますので、そちらの方には今から電話します」
と、電話が終わってすぐに母親が引き出しを開けるとハサミがあり、無理矢理に息子に問いただすと、廃病院に行った事を打ち明けた。

次の日の午前中に母親が割れた窓からハサミを投げて返した。すると兄貴は午後から体調が回復してきたところで、連れから電話があった。

連れ「**病院から電話があってよ、あそこ廃病院だべーよ。イタズラかと思ってシカトしてたら、なんにもない直線でバイクで事故るし、毎晩電話がくるしでよ。気味が悪いから、割った窓から3000円入れて来たよ。お前のハサミの事も言ってぜ」って内容だった。

それから数日してから廃病院を見に行ったら、割ったはずの窓ガラスが新品に入れ替えられてたって話。

今から15~20年くらい前の東関東の話(**県って書くとすぐわかってしまう)それとその廃病院は今はない。ずいぶんと色々な話がある場所ではあったみたいだけど。