790 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/05/18(木) 19:49:56 ID:nUSfutB20
どうも、友人のSの話を書かせてもらったもんです。
友人のSは家系的に心霊関係の出来事が多いと以前書いたが、実際はS本人より彼の兄貴の方や友人、知人などの方が怪異に遭ってる。
今回は彼の兄貴が体験した、洒落にならんかった出来事をお話させていただきます。

ある日、彼の兄貴は塾から家に帰る途中でゴミ置き場の近くを通ったらしい。
彼の家は群馬の山間部に位置するため、塾が終わる時間になれば街灯が少ないので真っ暗なうえ、周囲は山で相当怖いらしい。
まぁ、その土地の人間はそんな事気にしないので普通に彼は帰路についていたそうです。
ゴミ置き場は実際はほとんど不法投棄みたいな場所で(ゴミ置き場にはゴミ置き場だが粗大ゴミやらなにやらが山積みだったらしい)、
色々な物が雑然と放置されている場所だったそうだ。
そこは緩やかなカーブの脇にあり、自然と山積みのゴミが視界に入る位置らしい。

ゴミ置き場の前を通り過ぎようとしたとき、視界の隅にゴミ箱(鉄製の大型のヤツ)が目に入った。
気になったのでそちらに目を向けるとゴミ箱から手がはみ出し、こちらを見る顔があったそうな。
流石にんなもんを夜に一人で見れば誰だって驚くわけで、もう凄い勢いで帰った。

791 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/05/18(木) 19:51:01 ID:nUSfutB20
翌朝、学校へ向かう途中。ゴミ置き場の前を通りがかり、昨夜のアレはなんだったのか疑問が浮かんだ。
そして彼はゴミ箱を開けて確認してみる事にした。正体はすぐにわかった。
日が昇って明るい状態で見ると、なんてことはないただのマネキンだった。
なんでこんな場所にマネキンが捨てられているのかとか思いながらも何か安心したそうだ。
帰りにはそれも無くなっていたらしい。

それから数日後、また塾の帰りにゴミ置き場の前を通りがかった。
自転車のライトがゆっくりとゴミ置き場とその背後の森を照らし出す。
その時、視界の上方。ちょうどライトの明かりが途切れるか途切れないかの位置に奇妙な物を見た。
ライトをそちらに向け(あのハンドルにつけるライトな)、木の上を注視した。
そこには以前ゴミ箱に突っ込まれていたマネキンの頭部が置かれていた。
頭部の置かれていた木の枝は地上から3mほどの高所にあり、梯子を使うか、木登りが上手な人間でなければ登れない様な位置に枝があった。
まぁ、正体はマネキンだってわかってたので別段恐怖を感じる事もなく、イタズラ好きなヤツの仕業だろうと思ったらしい。

これだけの話。幽霊でもなんでもないわけだけど、実際こんな事態に遭遇したら誰だって怖い。俺だって怖い。
Sの兄貴の体験した怪異はまだ数個あるので暫くはネタに困りそうにありません。
以上、お目汚し失礼。