546 1 2006/05/07(日) 09:21:31 ID:tC9Vy7Jp0
今でも忘れられないトラウマです・・・。

小学3年生の時、数人の友達と
近場の公園で遊んでいました。

その日は、見慣れない男の人(10代後半~20代前半)がブランコに座っていた。
外見は暗い感じ、今で言うオタクなような風貌。

公園で友達と鬼ごっこやカクレンボ、警泥などの
いつもの遊びをしました。
・・・時間が経過し、辺りは夕方。
そろそろ暗くなる・・・親も心配するから帰ろう。
私は友達と別れて、家に帰ることにした。

家へ帰る途中、私は後ろから視線を感じた。
振り返って見ると、公園に居た男の人がいました。
私が振り向いたのに気づくなり
その男の人は私に話かけて来た。

男【猫好き?】

唐突に聞いてきた。
私は瞬時に

私【うん!!大好きだよ!!】

っと無邪気に答えた。

547 1 2006/05/07(日) 09:22:09 ID:tC9Vy7Jp0
今思えば、なぜ私はあんな風に答えてしまったのか
理解に苦しみます・・・。
知らない人なのに。
すると男の人は言いました。

男【じゃあ、良いものみせてあげるから付いておいで・・・】

私は猫が見れるんだ!!っと興奮して
その男の人に付いて行った。
男の人が連れて行った所には猫がいました。
子猫の捨て猫です。

私【猫だ!!猫だ!!】

私はすぐに箱の中の猫に近づきました。
私は猫を触りました。
ナデナデやゴロゴロをしてあげました。
子猫はニャーと鳴きました。

私【可愛いなぁ~w】

私が猫を可愛がっていると
男の人が箱の中から猫をヒョイっと取り上げました。
そして自分の頭上に子猫を掲げました。
次の瞬間、信じられない事態が起きました。

548 1 2006/05/07(日) 09:26:20 ID:tC9Vy7Jp0
男が自分の頭上からおもいっきり、子猫を地面に叩きつけたのです。
私はボーゼンとしていました・・・。
何が起きたのか分かりません・・・。
アスファルトには子猫がピクピクと痙攣しています。

子猫【に・・・ゃぁ・・・・・・】

声に鳴らない声を子猫は出していました。
そんな私に追い討ちをかけるかのように
男は信じられないことをしました。

男【猫ふんじゃった~・・・猫ふんじゃった~・・・】

男は歌を歌いながら子猫を踏み始めました・・・。
かなり強く・・・。
私は目の前の光景にどう対処していいか分かりません・・・。
たぶん、パニックに陥ってたんだと思います。
体が震えました。声も出ません。
子猫は絶命しているようでした・・・。
さっきまで元気そうだった子猫が、こんな状態に・・・。
頭が変になりそう・・・。
私は踏まれ続けている子猫を見ました。
血・・・血がアスファルトに垂れてきています・・・。
血を見て、非常に怖くなりました・・・。
私は悲鳴をあげ、泣きながら走って家に帰りました。
母親がそんな私の姿を見て心配してくれました。
しかし、先程の出来事は家族には言いませんでした。
何故かは分かりませんが恐くて・・・。

549 1 2006/05/07(日) 09:27:36 ID:tC9Vy7Jp0
次の日、恐る恐る子猫が居た場所に行ってみました。
・・・猫も猫が入っていた箱もありませんでした。
ただ、アスファルトにシミのような物がありました。
子猫が踏まれていた場所・・・。
子猫の血です・・・。

私は現在、対人恐怖症に悩まされています。
・・・今でも猫を踏んでいる時の
男の嬉しそうな顔が忘れられません。
よだれを垂らし、息遣いが荒く、目が逝ってしまってる顔が・・・。
今でもその男が普通に生活しているのかと思うと
とても恐いです・・・。