304 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:45:31 ID:3DU/54hZ0
あたしの友達が体験した話です。新年も明けて間もない去年の一月半ば頃だったと思います。
友人のS子は大学受験のために毎日遅くまで塾通いをしていました。地方在住のため、
塾といってもバスで30分程も掛かる街中にある某有名塾にS子は通っていました。
夜の8時に塾が始まり10時で終わり、10時30分発のバスに乗って帰る毎日でした。
あくる金曜日、塾にて中学時代の旧友とばったり再会したS子は
塾の時間が終わると懐かしさのあまり話し込んでしまいいつもの時間のバスで
帰ることができず一便おくらせて11時発のバスで帰ることになりました。
さすがに夜11時ともなると街中の人数もまばらでバス停でバスを待つのも
S子の他に、自分の後ろに並ぶ学生風の男性一人だけでした。
きらりと遠方が光ったかと思うと最終便がやってきました。
しかしバスの動きがあきらかにおかしいのにS子はきづきました。


305 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:49:09 ID:3DU/54hZ0
パーアアアアアアアアパパと耳障りな警報を鳴らすとともに急ブレーキでバス停に泊まったバスの中には
乗客は一人もいませんでした。中には鬼のような形相をして目を血走らせた運転手だけです。
「さっさと乗ってくれ、ぐずぐずしてると発車しますよ!!」とまるで客を無視したような、
それどころか乗ってくれるなといわんばかりの異様なテンションの運転手の言動に意表をつかれたS子は
「……なんだこの人……あと1便遅らそうかなぁ……」と迷いつつ時刻表を見ると
この便で最終であることに気づきました。ギロリと目を見開いてs子をにらみつける運転手に
いやいやながらも定期をサッと見せつつs子は、なるべく運転手から遠い席に座りました。
待合所でs子の後ろに並んでいた男性も異様な雰囲気を察したのかS子よりも後ろの席に座り
合計三人の異様なバスは漆黒の闇へと出発しました。

306 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:50:51 ID:3DU/54hZ0
前のドアが閉まるとバスは急発進とともにぐんぐんとスピードを上げていきます。
ふと気がつくと運転手がバックミラーでS子を頻繁に見つめているのに気づいたs子は
気持ち悪い思いを取り払うがごとく参考書を取り出し勉強してるいる振りで時間をつぶそうと思いました。
しかし運転手は以上とも思える頻度でバックミラーでS子を睨んでくるのでs子は怖くなり
今にでも降りたい気分でいっぱいでした。一人とはいえ後ろに乗っている男性は身長が高く体格もしっかりしており
この状況で自分以外に同乗者がいることでs子は非常に心強く思いました。
しかしそう思ったのも束の間、赤信号で止まったのを機に運転手はいきなりs子の方を振り向くと
「ちょっとアンタ、こっちきて定期を見せてくれないか?」と鬼のような形相でs子に問いかけてきました。


307 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:52:40 ID:3DU/54hZ0
s子は用心しつつ君の悪い運転手に近づき懐から取り出した定期を見せました。
すると運転手は指で有効期限の部分を強くこすりはじめ
「見ろ、これは期限が切れているじゃないか、バスターミナルの事務所に連絡しておくから
そこでこの件に関して事務所で詳しく調べるからそこで降りなさい!逃げるんじゃないぞ!!」
などとわけのわからない疑いをかけられてしまったs子はもうはんべそをかきながら席にもどると、
バス亭に車で毎日迎えにくる母親に携帯電話で定期の件でバスターミナルの事務所に
行かなければならない件を泣きながら話すと、バス停に着くまで泣いていました。
そのあいだも運転手がバックミラーで頻繁にs子を鬼のような形相で覗くのでした

308 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:55:46 ID:3DU/54hZ0
そしてバスがターミナルにつくと、S子は運転手になかば強引に腕をつかまれてひきづられるように事務所に
連れて行かれました。一足早く車でかけつけた母親はs子を見つけるとあわてて近寄ってきます。
ついにS子はぼろぼろに泣きくずれてしまいした。
運転手と母親に腕をかかえられ事務所の中に入ったS子……
鬼のような形相をした運転手が扉を閉めるとなにやら無線で警察の出動を要請しています。
しかし無線を切った運転手の鬼のような形相はやわらぎ、非常にやさしさのある顔に変わっていき一言…
「お嬢さん、大丈夫かい?………実は…」


309 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 11:58:14 ID:3DU/54hZ0
運転手の話によると、バス停にさしかかろうとした運転手が待合場にいるS子達を見つけると
なんとS子の後ろにはナイフのようなものをふりかざし今にでも切り付けようとしている男性を
運転手は目撃してしまったのでした。ヤバイと思った運転手はアクセルを煽り急加速するとともに
なんどもホーンを鳴らしたのでした。S子の後ろの座席にすわった男を確認した運転手は
バスに乗った後もバックミラーでs子のうしろにのりナイフを振りかざしてきりつけようとしている男性を
いかくするかのごとくs子を見守っていたのでした。


311 本当にあった怖い名無し 2006/05/05(金) 12:01:20 ID:3DU/54hZ0
事情を聞いたS子はぶるぶると震えるとともにバスの中に荷物を置いてきてしまった事に気づきました。
ナイフでS子を殺そうとしていた男性はもう姿を消した後だったが
用心のために母親と運転手と三人でバスに戻ったところ、
男性の座っていた席の前のいす、つまりS子が座っていた席になにやら
ナイフで気づけたように文字がきざみこまれていました。

 「 今 度 は 殺 す 」 


312 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/05(金) 12:02:31 ID:dp9somVD0
ひねりなさい、ひねりなさい!

313 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/05(金) 12:02:53 ID:x0HtGZBk0
つまんねw

314 本当にあった怖い名無し sage 2006/05/05(金) 12:10:06 ID:Ev0dxpb70
「今度はひねる」