249 本当にあった怖い名無し sage 2006/04/14(金) 20:10:26 ID:gLZxvV2U0
流れ読まずに投下

私の旦那が経験した話。
前に住んでいたアパートで1人暮らしをしていた旦那。
そこのアパートの部屋にはロフトが付いていて、ロフトを寝床にしていたそう。
いつからか、夜中に金縛りに会うようになった。
毎晩金縛りに会い怖い思いをしていたそうだが、ある時
チェーンを掛け、鍵を閉めているはずの玄関が開いた音が聞こえた。
「ガチャッキィィ・・・」
旦那は金縛りにあっているので動けない。
寝ているロフト部屋のドアが開いた音が聞こえた・・・
誰かが入ってきた気配を感じる・・・
ロフトのはしごを上がってくる足音。目は開いているが金縛りで動けない!
顔・全身すべて真っ黒な男(見知らぬおじさん)だった。
旦那のお腹の上に正座をし、乗り込むように覗いてきた。
気が付いた時には金縛りは解け、その霊は居なくなっていた・・・

という話を旦那と付き合っていた当初そのアパートで聞いた。
また来そうだからあまり話したくないんだけどと・・・・
泊まったりしてたのでガクブルだった。
他にも妹のピアノの先生が自殺したあと目撃した事があるそうだ・・・