233 1/? 2006/01/24(火) 16:00:55 ID:2CgrAeH10
3~4年前かな?
俺は霊感もないし,そういった経験もそれまではなかった。
だからそのアパートに住んで2年近く立ってからの金縛りなんて,
「疲れてるんだな」程度にしか考えなかった。
ちょうど人間関係のもつれから精神的にも肉体的にもキてたしね。
けど,2度目の金縛りの時,見ちゃいけないものを見た。
始まりは金縛り。起きて金縛り,じゃなくて圧迫感で目が覚めた。
「あーまたか。体動かないし,呼吸苦しいなー。」とか重いながら,
頭を覚醒させるために声を出そうとしたり,手足を動かそうとした。

俺の部屋は小さいながらも2DKで『品』の形に部屋が配置されてた。
上の口の左が玄関,右がユニットバス。俺が寝ていた部屋は左下のところ。
玄関から部屋に入るまでには玄関→玄関と部屋のしきり戸→部屋のしきり戸の
三つの扉がある。二つ目だけが引き戸で後は片開き。

で,その玄関の扉に違和感がある。違和感というよりイメージとして
誰かがいるのがわかる。
施錠は寝る前に確認しているハズだから入れる訳もない。なのに誰かがいて,
しかもそれが手に取るようにわかる。


234 2/? 2006/01/24(火) 16:19:04 ID:2CgrAeH10
はじめに書いたが,そういった経験は皆無だったので本当にパニックだった。
「来るなー,来るなよー」と必死に願っていたが,どこかで「これは夢だろ。」
って考えてる自分もいた。
でもそれは部屋に上がってきた。一歩踏みだし,力無くうつむいたまま引き戸の前に。
音もなく引き戸は開いた。一つ目の部屋に入ると向きを変え,俺がいる部屋の前に止まる。
「来る!」そう思った時。

片開きのハズのドアがスライドした。
そして,のぞき込むようにそれの顔と手が見えた。真っ白な顔,長くぼさぼさの髪,
真っ黒で落ちくぼんだかのような目,ひび割れて乾燥した唇,がりがりの指。
部屋は暗いのにやけにクリアに見える。
「ホラーなんて最近見てないのになんだよコレ!?」
夢だろうが現実だろうが入ってきたら拙い。それは明確に解った。
しかし,それはそこにたたずんいるだけで入ってこようとはしなかった。
ただじっと俺を見つめているのだ。


236 3/? 2006/01/24(火) 16:36:11 ID:2CgrAeH10
今だ続く圧迫感とじっと見つめる何か。
次第にいらだってきた俺は「もう帰れやっ!!」と罵倒するイメージをたたきつけた。
でも,帰らない。
俺はいい加減怖さも下がり「金縛りとけたらいなくなるのかなー?息つれぇ・・・」
と考えが落ち着きだした。そこで,今まではイメージとしてそれを感じていたのだが,
ここで目で見てみる事にした(玄関からずっと怖くて視線をやれなかったのだ)。
何とか動く視線をそれに向けた時だった。
視線が合った瞬間,おびえるように隠れるそれ。そして・・・
隣の部屋に行きやがった。
「まて,それは明日が怖いだろっ!」そう思っても金縛りは進行形で動けない。
疲れたのか俺はそのまま眠ってしまった。
朝起きてみたものは,閉めたはずの俺の部屋と隣の部屋の扉が開いている光景と。
玄関の扉内側の結露と手形ひとつ。

その後はそんなこともなくて,なんだったんだこれ?