390 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 22:29:49 ID:/MCqQ6Ys0
高校生の夏休みの時、バイクで事故って高校生活最後の夏休みを入院生活するハメに。
入院してから俺の担当?の看護婦さんの様子がどうも変、俺を変な目で見やがる。
ある日、俺は看護婦さんに話しかけた。「俺って変な顔ですか?」
看護婦「え?」
俺「看護婦さんいつも俺を変な目で見てるじゃないっすか。俺ってそんな珍しい顔してます?」
看護婦「そんな事ないですよ!そういうつもりで見てたんじゃないんです・・・」

そして看護婦さんは小声で言った
「冗談でなくマジな話なんですけど、あなたに女性の霊が付いてるんです・・・」
俺は笑って冗談でしょ!ってな顔してたんだが、看護婦はマジ顔で話続けた
「この怪我(右足骨折)は彼女の仕業です。しかし、この程度で済んで良かったと思います。
彼女はアナタを自分の世界に引っ張ろうとしてます。」

してます・・・・???
俺まだ狙われてるのかYO!


看護婦「弱気にならないで、強気でいてください。でないと負けてしまいます。」
そういい残し看護婦は去っていった。
俺は変な看護婦だなと思いそんな事は気にしないでおいた。




392 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 22:37:03 ID:/MCqQ6Ys0
次の日、看護婦さんが「○○さん、事故起こした場所ってトンネル付近ですよね?」
当たってたが医者から聞いたのだろと思い「ハイ、そうですよ」とだけ答えた
看護婦「そこで憑かれたんでしょうね・・・ん~ん、コレで対処出来るかどうかは・・・一応持っててください。」
そう言ってボロボロなお守りをくれた。
俺「看護婦さんって一体何なんですか?霊能者?」
看護婦「霊感結構あるんです。けれど、あなたを助けれるかは分かりません。」


393 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 22:44:01 ID:/MCqQ6Ys0
この人は本物かただの不思議ちゃんか分からん、謎な人だなあ。
しかし、この話が本当だったら俺やばいじゃんと動揺しまくった。
その日の夕方、友達が見舞いに来てくれた。
コイツは俺が事故った時に一緒にバイクで走ってた奴。
俺は馬鹿にされるかも知れないが、看護婦の話をした。
するとダチは真顔になり
「俺、あの時見たかも知れないんだ。トンネルでお前の前走ってたんだけど、
ミラー見てお前見た時、お前の肩に顔みたいなのがさ。まあ、気のせいだと思ってたんだが
お前が転倒した時はマジあせったよ」




394 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 22:50:00 ID:/MCqQ6Ys0
俺は霊なんて見た事ないし、信じようとは思ってなかったから
こういった時はどうしていいんだとノイローゼ気味に・・・
そして、入院してしばらくたって俺はゲッソリに痩せて体調を崩した。
食欲も全然なく体が重い。最初はゲームボーイやマンガ読んでトイレで抜いてた頃が懐かしい。
もう、そんな事もやる気なく1日中ボケーっとしながらベッドで横になったまま動く事も出来ない。

看護婦さんは様子を見に来てくれるんだが、彼女では対処出来ないようで
申し訳なさそうに接してくれる。

396 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 23:01:32 ID:/MCqQ6Ys0
そしてある夜、遂に俺をこんなにした奴が姿を現した。
寝てると急に体が痺れた。電流を通されたかのようなビリビリ感。
コレが金縛りか・・・
金縛り初体験だ!次に耳に変な雑音みたいなのが聞こえる。
よく聞いてみると、女のうめき声とも言える。
そしてベッドの右から白い手が!そしてボサボサの髪が見えて女がベッドに
這い上がって来る!
俺は心の中で「来んじゃねー!誰か助けてクレー!!!!」
だが、女は「ウーー」と苦しそうにゆっくりと這い上がってくる・・・
俺の病室は後2人いるんだが、そいつらは俺の様子に気付かづ寝てて役立たずな糞野朗共だ。
女はとうとう俺の体の上にまで上って来やがった。俺は恐怖で失神寸前。
とどめと言わんばかりに女の顔を見てしまった。
目は濁ってて目ん玉が有るのか無いのか分からんで、頬が削れてて頬骨が見えて血だらけ。



398 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/11/22(火) 23:08:02 ID:/MCqQ6Ys0
女は俺の首に手を持って行き絞め殺そうとしてるみたいだ。
「もうダメだ。何で俺が・・・」と思った瞬間、女は怯えるような感じで
スゥ~っと消えていった。

・・・夢だったのか?
さっきまでの恐怖が嘘みたいに落ち着いている。
何が起こったんだ、何であの女は帰っていったんだ?
首を絞めかけたのに・・・・ん?そう言えば首には看護婦から貰ったお守り下げてたんだった!
まさかあ~・・・

次の朝、看護婦に夜起こった事を話した。
看護婦「・・・そうですか・・・でも無事で良かったです。」
俺「このお守りが守ってくれたのかな?コレってすごいんだな」
看護婦「このお守りは無くなった祖母から貰ったんです。祖母はすごい霊能力者だったらしいんです。」


・・・と


話は飛ぶが、夏休みが終わり9月の中旬に無事退院す事が出来た。
念のためお寺でお払いしてもらった。効くがどうかは微妙だが保険に・・・。
そして、あの体験は今ではいい思い出になってるな。
あの看護婦さんは今は俺の嫁さんになって幸せな生活を送ってます。彼女と一緒になったからだと思いますが、俺にも霊が良く見えるようになりました。時々霊体験しますが・・・
丁度10年前の話でした。また機会があれば別の体験談を話したいと思います