396 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/20(火) 04:41
既出ネタだったらスミマセン。 
友人から聞いた話です。 
身に降りかかる系で、実際喰らった友人もいるので、関わりたくない方は読まない方が良いかも、です。 
------------------------------------------ 
友人Aがある雪の降る日に受験勉強をしていました。 
Aは当時高校3年生で1月のある晩だということでした。 
夜も更けてきた頃、窓の外からノックする音が聞こえます。 
「コン、コン、コン。」 
3回です。 
特に何も考えなかったAはそのまま窓をノックしかえします。 
「コン、コン、コン。」 
Aの部屋は2階です。窓の外にはベランダもありません。 
雪の降る夜、そんなところにいる人もいるはずもありません。 
しかし、Aは何も考えずにそのまま勉強に戻りました。 
その時、Aはあることを思い出しました。 


397 名前:396 投稿日:2001/02/20(火) 04:47
数日前にAが友人Nから聞いた話でした。 

N談: 
この話を聞いた人間に必ず降りかかかる。聞きたいなら聞くな。 
おまえが、一人きりになった時。必ず一人きりになったときに「それ」は来る。 
人間がいるはずもないドア、例えばベランダのない4階の窓、一人暮らしのワンルームマンションのトイレ、から聞こえるんだ。 
「コン、コン、コン。」というノックの音。 
必ず3回なんだよ。 
それを聞いたものは恐怖は覚えない。なぜなのか分からないけれど「恐い」という感覚はないらしい。 
けれど、ここからが大事だんだ。 


398 名前:396 投稿日:2001/02/20(火) 04:52
そのノックを聞いたら必ずノックされた回数だけノックされたドアを叩け。 
それが冷蔵庫のドアでも必ずな。 
オイ、「間違えたら起きられない夢」と一緒にするなよ。 
叩かなかったらおまえに親しい誰かに不幸が降りかかかる事になる。とても親しく、大切な誰かに、だ。 
実際、オレにも来た。 
重要なのは、「ノックされたら同じ回数だけノックし返す事」だ。それだけでいいんだ。 


399 名前:396 投稿日:2001/02/20(火) 04:59
さっきも言ったけれど、その瞬間にはおまえには恐怖はない。さらに、どんな騒音にも負けないリアリティでその音は聞こえるらしい。 
オレの時は3回だったし、確かに恐くなかった。 

でもな、オレの友達のGにも来たときのことなんだ。 
Gはノックしなかった。 
オレの話を思い出してノックしなかったらどうなるか試してみたらしいんだ。 
確かに、Gの時にもあり得ないところからノックされたらしい。 
数日経った後、親戚からの電話で祖父が亡くなったとのことだ。 
Gも悔やんだけれど、オレ(N)も悔やんだよ。

400 名前:396 投稿日:2001/02/20(火) 05:11
ここまでが私がAから聞いた話です。 

ここまでなら「なに作ってんだよ、バ~カ!」ですまされるですが、ここからは私の体験談です。 
話を聞いたのは大学のサークル合宿という絶好のシチュエーションでした。 
もちろんそれまで酒を飲んでいたため酔っ払っていて、Aの話が終わった後の2.3本の怪談を聞くと無性に眠くなり隣の部屋に行き横になっていました。 
しかし、ここはサークル合宿、当時3年生だった私はさすがにそのまま寝るわけにもいかず、後輩が気を使って来るのを待っていました。 
案の定しばらく横になっていると引き戸をノックする音が聞こえます。先ほどAの話を聞いたばかりなので絶対誰かが私を騙そうとしていると思い、ダッシュで戸を開きました。そこには間抜けな面をした後輩(男)が立っていました。 
ここまでなら笑い話で済みます。 


402 名前:396 投稿日:2001/02/20(火) 05:29
みなさんの期待通り、その後、窓の外からノックされました。恐怖心は全くありませんでした。 
もちろん、その後、同じ話を聞いた仲間からはバカにされました。 

後日談ですが、話を聞いた8人のうち5人がノックを聞いています。 

皆さん、怖がらずにノックしてください。