448 名前:FVK 投稿日:2001/07/12(木) 02:15
高所恐怖症 
私はデジカメで写真を撮ることが最近の趣味で、自分のHPに掲載している。 
ちょっとテーマにも煮詰まったので友人と共同で1つのテーマを決めてそれぞれ撮って 
その微妙な解釈の違いを楽しもうという企画を考えた。 
公平を期する為に、テーマは第3者にランダムに決めてもらった。1回目は「高所恐怖症」 
私は実際に高所恐怖症で非常に困ったが、決めたことなのであれこれ考えてみた。 
結局非常にありきたりだが、高いビルの屋上などからカメラのレリーズタイマーを押して 
ワイヤでぶら下げるということを思いつき、某シャイン他、何箇所かで実行してみた。 
先ずパソコン上でざっと数十枚の画像をサムネイルで確認してみた。小さなサムネイル 
画像ではよくわからないが、余り面白い写真はなさそうである。 
その中の1枚で、全然様子が違う写真があった。なんだか人が手を広げて‘ガーッ’と構え 
ているように見えるのだ。あれ?こんなな写真撮ったっけ?と思い、拡大表示してみた。 

それは様子が違ったのではなく、ちゃんと屋上の写真であった。 
しかも屋上のへりに捉まった女性が苦悶の表情で睨みつけている顔のアップであった。