関東地方の地方鉄道に乗って通勤していた人から聞いた話です。 

その人はN市という始発駅から通勤しているのですが、営業区間が短い私鉄で乗車時間は20分ほどもないのです。
珍しく車内で座れたため、そのままウトウト寝てしまいました。 

目が覚めると、乗っている車両は同じであたりは見知らぬ田園風景のなかでした。
その人はボンヤリしながら、 
「知らないうちに支線ができて、間違って乗ってしまったのかなぁ・・」 
と、余り深く考えないで乗り続けました。

となりに座っていた老夫婦の話しを何気なく聞いていると、 
「・・・そういえば、おまえにもずいぶん苦労かけたよなあ」 
「いえいえ、そんな気にしないで」となにやら、会話をしています。

目の前にたってる女子高生たちも、 
「そういえば、もう少しいろいろな所いきたかったよねー」 
「なんか残念よね」と、話しています。 

しばらく走っていくと、旧字体の漢字が7~8文字くらいあるような難しい名前(本人いわく覚えていないそうです)の駅に停まりました。 
そこで3~4人降ります。
田舎の無人駅で車掌が切符を受け取ると、電車は再び発車。
降りた客は田圃の一本道をずっと遠くまで歩いていきます。 

「朝に仕事もしないで、どこに行くのだろう・・・?」 
不思議におもいながら電車から眺めていました。
同じようにしばらく走っていくと不思議な駅名の駅が現れ、そこで数人づつ降りていきます。 

やがて日暮れになり、すっかり夕方になってきました。 
(その人の記憶では、電車は明かりも付けずに夕日の中を走っていたそうです)

そのころには、隣の老夫婦もいなくなり、目の前の女子高生もいなくなり、満員電車も2~3人しかいなくなりました。 
まるで地方のローカル線のように暮れゆく田園の景色の中を走っていきます。

(夢うつつとはいえ、)その人もさすがに「会社にいかなくちゃ」とどこかでおもったのでしょう。
車掌に聞きに行きました。 
「あのーM駅には、いつ着くの?」 

車掌はこう答えました、 
「お客さん、切符みせてください」 
(彼は定期券だったのですが)なぜか切符を探してしまいました。
しかしいくら切符を探してもみつかりません。
すると、車掌が激怒しました。 

「お客さん!!切符無しに乗り込まれちゃこまるんだよ! 
この電車は貸切りなんだから!早く降りてくれよ!!降りろ!」 
彼は車掌に襟首を捕まれ、車内をひきずられます。 

車掌は走行中のドアをガラガラっとあけると、その人を車外に放り出しました。
彼は列車からほおり出されると、丁度そこは川をまたぐ鉄橋で真っ暗の中を落下して行きました。 

・・・・・・・「おや?ここは」 
それが第一声だったそうです。
気が付いたときその人は、ある市立病院の病棟で鼻や気管に何本も管を差し込まれた状態で、時刻はもう夜の9時頃だったそうです。 

その人が乗った列車は、駅の停車場に激突して多数の死傷者を出した列車だったのです。
彼は朝から意識不明で、危篤状態からようやっと生還したのです。 

関東近郊のある鉄道で実際にあった事故からの生還者の貴重な話でした