恋は盲目みたいなこというけど自分もそうだった。
ある女の人を好きになってから
毎日その人のことを考えて送ったメールを見返して変なことおくっていないか
考えたり、みたいな感じ。
よっぽど下手な宗教より妄信してた
何ヶ月か経って付き合い始めてからは一層そういう感覚が強くなってお願いされれば何でもする勢いで大金だろうが惜しまず渡して言われれば有給もがんがん使って会いに行った

今考えると自分でも不思議な感覚で、いくら付き合った人でもそこまでのことはしたことがなかった

ある日突然彼女が「○○って人殺してきて」と言って知らない男の名前と住所の書いた紙を渡してきた
なんの疑問も持たないで頷いて鞄に包丁入れて外に出た。

なんか妙にテンションもあがってきて言われた住所まで
走って向かってたら勢い出しすぎて転んだ。膝を思いっきり擦り剥いて頭も少し打った

その時に今までお金を渡してきたこととか今回のお願いに二つ返事で頷いたことのおかしさに
気づいて家に戻った。扉を開けると彼女はいなくてそれっきり二度と会わなかった
彼女の写真も穿いていた靴も服も残っていたのになんか最初っからいなかったみたいな感じがした
あのまま知らない男の家に言ったら多分刺していたと思う